Credit_IMG

ある日の朝、ぼんやりとテレビを見ていた私は、画面にクギ付けになりました。
私が以前から大ファンだったアイドルタレントがコマーシャルに出演していたからです。
それはクレジットカード会社のコマーシャルで、アイドルタレントが美しいドレスに身を包んで、入会キャンペーンの告知をしていました。
当然のことながら、テレビのコマーシャルは、一度見たら別のコマーシャルに切り替わってしまいます。
もう一度再生して見直すことはできません。
私はパソコンを立ち上げ、インターネットでクレジットカード会社のホームページにアクセスしました。
ホームページに、コマーシャルの映像がアップされているかもしれないと思ったからです。
もし映像がアップされていれば、何度もコマーシャルを見直すことができます。
思った通り、ホームページにはコマーシャルの映像がアップされていました。
映像には、時間が短い15秒のバージョンと、長めの30秒のバージョンがあり、私は再生ボタンをクリックして、何度もコマーシャルを鑑賞しました。
コマーシャルを何度も再生していて、私には気付いたことがありました。
コマーシャルの最後の数秒に、「オリジナル写真集プレゼント」という文字が表示されていたのです。
アイドルタレントの笑顔に気を取られていた私は、それまでまったく気付かなかったのですが、入会キャンペーンの実施期間中にクレジットカードの申し込みを行えば、抽選でアイドルタレントのオリジナル写真集がプレゼントされるそうです。
入会キャンペーンの詳細を知り、私は胸が熱くなるのを感じました。


アイドルタレントのファンとしては、ぜひとも入会キャンペーンの実施期間中にクレジットカードを申し込み、プレゼントを手に入れたいところです。
しかし、抽選でのプレゼントなので、申し込めば必ず手に入るわけではありません。
抽選に当たる必要があります。
私は早速、クレジットカード会社のホームページから、カードを申し込むことにしました。
「新規申し込み」のボタンをクリックして、名前や住所、電話番号や銀行の口座番号を入力して送信すれば、申し込みは完了です。
これでとりあえず、プレゼントの抽選に参加することはできましたが、まだまだ不安でした。
たった1人分の参加権だけでは、抽選にはずれる可能性があるからです。
私は同居している妹に頼み、妹の名前と口座番号で、入会キャンペーンに応募することにしました。
妹は、かねてから「クレジットカードを持ちたい」と話していたので、喜んで申し込んでくれました。
私がキャンペーンへの申し込みを行ってから2か月後に、自宅マンションに見知らぬ小包が届きました。
宛名欄には妹の名前が書かれています。
差し出し人を見ると、なんと、クレジットカード会社の社名が書かれていました。
私は、この時点で拳を突き上げました。
入会キャンペーンに当選したことを確信したからです。
私はすぐにでも小包を開封したかったのですが、妹宛に届いている以上、私が勝手に開封するわけにはいきません。
私は妹が仕事から帰宅するのをジリジリとした思いで待ちました。
妹の帰宅後、妹に小包を開封してもらい、私は念願のプレゼントを手に入れました。
ポイント還元率の高いクレジットカードもクレジットカードを作るメリットですね。