Credit_IMG

私は、実家を出て1人暮らしをするようになってから公共料金はすべてクレジットカードを使って支払っています。
銀行口座からの引き落としでも良いのですが、クレジットカード経由で支払うことによってポイントがたまります。
生活していたらどんなに節約していたとしてもある程度は使う公共料金を毎月クレジットカードで支払っていると着実にポイントをためることができます。
クレジットカードは、使いすぎそうで怖いという人もいますが、そんなことはありません。
もちろん、公共料金の場合は、銀行口座からの引き落としと感覚は変わりませんし、銀行口座からだとポイントはたまりません。
ポイントをためてもそんなに良いものは貰えなさそうと思う方もいるかもしれません。
でも結構いろいろなものにポイントを交換することができますよ。
例えば、お皿・フライパンなどもありますしおもちゃや食品もあります。
食品にもお取り寄せでなかなか普段は手に入れにくいものなんかも載っています。
食品は、ポイントが高くないのですぐ交換することができるものです。
また、デパートの商品券、図書カード、ナナコカードのポイント、スイカポイント、アマゾン商品券などもあります。
商品券やポイントに交換すれば、自分の好きなものをそれで購入することができます。
キャンペーン中だとある特定の商品券やポイントの交換率がアップしていることがあります。
そういう時にまとめて交換しておくととってもお得です。
私はこのようなキャンペーンをお知らせメールやサイトでチェックしておき交換するように心がけています。


今まで、私が交換したのは、アマゾン商品券とナナコポイントです。
この2つはとても使いやすいと思います。
セブンイレブンはどこにでもあるお店でナナコカードにポイントが入っていればお財布からお金を出しておつりをもらってお財布をかばんにしまうという動作が必要なく便利です。
カードをピッとするだけでお会計が済んでしまいますし、ナナコカードだとお買いものをするとポイントがたまってさらにお得ですしね。
子どもを連れているとこのナナコカードはとても便利ですし、夫に買い物を頼む時にもこのカードを渡すだけでOKですので楽です。
アマゾン商品券は、アマゾンにあるものなら購入できる(一部できないものもあるみたいです)ので重宝しています。
結構なんでもアマゾンから購入することが多いので、アマゾンの商品券はとても役立ちます。
また、アマゾン商品券があるからお試し感覚で購入もあまり躊躇せずにできます。
夫にもためたポイントで交換したアマゾン商品券で買ったものと言えば特別なにも言われません。
このように、クレジットカードで公共料金を支払いポイントをためることで自分の自由に使えるおこずかいが増えるのです。
公共料金は、毎月確実に必要な料金ですから確実にポイントはたまっていきます。
それにプラスして洋服、バッグなどはもちろん日用品や食品もクレジットカードで購入するようにするとすぐにポイントはためることができます。
大きいスーパーやドラッグストアでは、クレジットカードを使ってお買い物をする人は結構多いですしサインレスのところも多いので支払いもスムーズに済みます。