Credit_IMG

クレジットカードを所持する様になって以来、支払いはクレジットカードで決済を行っています。
一般的には支払いをスピーディに完結することが出来る為、重宝することが多いです。
住宅ローンの審査にカードの所持枚数や利用状況が影響を与えるということを知りました。
カードのキャッシング枠は借入金額に影響を及ぼす可能性が高い傾向にある為、所持枚数は必要最低限にすることが望ましいのです(但し近年は会員カードにクレジット機能が付加されていることが多いことから、審査基準が緩和されていく傾向にあります)。
返済の延滞は記録に残ります。
住宅ローンの申請前に個人信用情報センターへ照会することによって自身の履歴を確認することが出来ます。
万が一、記憶に無い借り入れ記録が判明した場合には所定の手続きをとることによって登録内容の修正を行うことが可能です。
年収や勤務先、借入総額などの他に、カードの履歴(ローンやキャッシング、カード保有枚数など)は、審査において重要なウエイトを占めています。
ちなみに、審査のチェックポイントとしては、給与所得者であること(定期的、継続的な収入源があること)、一定の期間以上勤続年数があること、申込時の年齢が一定以下であること、年収に対する年間返済額の割合が一定以下であること、返済遅延がないことなどがあげられます。
保証会社の保証も必要となります。
消費者金融業者から借り入れを行ったことがある場合には必ず消費者金融業者からの借り入れを完済した後に審査を行うことが大切です。
カードは使用することによってポイントが貯まるため便利に活用することが出来ます。


クレジットカードの申し込みは、窓口やウェブサイトなどから手続きを行うことが出来ます。
クレジットカードは後払いとなる為、返済能力という信用を得ることが必要です。
申込書には会員規約や個人情報の取り扱いに関する事柄などが記載されていました。
じっくりと熟読した後に、必要事項の記載を行いました。
記載事項は、氏名や住所、電話番号、年齢や性別、住居形態、年収、家族構成、銀行口座、暗証番号などです。
本人であることを確認するための証明書(運転免許証や保険証など)のコピーを同封しました。
暗証番号は他人に推測されやすい数字(誕生日や番地、ぞろ目など)を避けることが無難です。
審査の際には個人信用情報センターへ照会が行われるため、申込者の支払い履歴や借り入れの状況などをチェックされるとのことです。
ウェブサイトで申し込みを行う場合は、比較的スピーディにクレジットカードを所持することが出来る可能性があります。
紙ベースの申込書は第三者が情報を入力することとなりますが、ウェブサイトからの申し込みは申込者が入力することになるため手間や時間が省略されます。
スムーズにクレジットカードを入手したい為、ウェブサイトからの申込を行いました。
ちなみに審査時には、収入額に関わらず正社員が比較的有利であると考えられています。
独立開業を考えている場合には特に正社員の間に所持することが望ましいでしょう。
利用状況によってメリットのあるカードを選ぶことがポイントです。
日常的に利用している店舗と提携しているカードを所持することによって、日々の買い物からポイントを貯める様にしています。